良好な関係を築くコツ

人生における悩みのほとんどは、人間関係だといっても過言ではない。職場の上司や同僚のみならず、家族、恋人などさまざまな悩みのパターンがある。そうした悩みを解決するオススメの方法がいくつかあるため、ぜひ参考にしてもらいたい。

まず考えてほしいのが、他人を第一印象だけで判断してないかということだ。初めの印象が悪かったが、話して見ると実は良い人だったということはよくある話だ。どんな人に対しても、挨拶やお礼といった基本的なコミュニケーションは、欠かさないようにしなければならない。苦手だからといって、相手に伝わるような無視や避ける態度は、もってのほかだ。また、自分のことを好きではない人も、人との関わり方が下手なのである。コンプレックスの裏返しが、他人への心無い態度へとなって表れる人もいる。

自分が嫌いな人がいる場合、無理に好きになる努力をする必要はない。自分が相手を嫌いだというのをしっかり認めた上で、そういう価値観もあるのだと受容してやるといいだろう。嫌いな相手にわざと冷たい態度を取ったりしていれば、周囲から心優しい人間が離れていってしまう。自分のためにも、嫌いな相手とほどよい距離を取ることが大事なのだ。自然に湧いてくる感情に蓋をする必要はない。このように、自分の気持ちを大切にできる人は、他人のことも大切にできるものなのである。心に余裕がでて、思いやりを持って人と接することができれば、良好な関係が築けるだろう。

さらに、勝手な思い込みが激しい人というのも、人間関係がこじれがちとなる。人のためにしたことでも、必ず相手が喜ぶとは限らない。それどころか、相手を怒らせてしまうこともあるのだ。そうならないためには、相手の反応を見る姿勢が大事になる。自分が良いと思うことでも、周りの反応が悪ければ改めなければいけない。

他には、生真面目すぎる人というのも人間関係に悩みがちである。生真面目な人は、他者に対して心を開かない。それを感じた相手もまた、心を閉ざしてしまうものだ。そうすれば、円滑なコミュニケーションは図れなくなり、気まずくなる。自分がこれに当てはまるという方は、自ら欠点をさらけ出すくらいの柔軟さをもって人と接してみることをオススメする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP